• 大阪市城東区 てつかわはりきゅう整骨院

インフルエンザと風邪の違い

こんにちは!!

JR京橋駅

京阪野江駅

地下鉄蒲生四丁目駅

から徒歩7分

大阪市城東区 交通事故損害救済協会認定院

てつかわはりきゅう整骨院です。



皆さんは、


「風邪」



「インフルエンザ」


の違いを御存知ですか?


「風邪」は鼻・喉・気管などの呼吸器に、


さまざまなウィルスが


感染して起こる病気の総称で、


正確には


「かぜ症候群」


と呼ばれています。


病原体となるウィルスは様々ですが、


症状はだいたい同じで、


くしゃみ


鼻水


のどの痛み



なのどの呼吸器の症状と、


発熱


頭痛


などの症状があります。





一方、「インフルエンザ」とは


”インフルエンザウィルス”


に感染することで起こる病気で、


上記の「かぜ症候群」とは違い、


急に熱が上がる特徴があります。

症状は


高熱


筋肉痛


全身倦怠感


などの全身症状が主ですが、


下記のような重要な特徴があります。


1.伝染力が強く人から人へうつり広い範囲で流行する


2.症状が重症化しやすい


3.肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こし、

  死に至ることもある。

(流行の時期は日本全体の死亡率があがります。)


※高齢者は肺炎を併発する恐れが高く、

子どもは意識や言動に障害が出るインフルエンザ脳症で、

最悪の場合には死に至ります。


これらのことから、


「インフルエンザ」は「かぜ症候群」と区別し、


注意、予防していくことが必要です。


予防は、まずは第一にワクチンの接種です。


ワクチンを接種することで、


理論的にはインフルエンザの発症を


約76%の確率で阻止できると言われています。


さらに発症した場合でも重症化や


死亡する可能性を低下してくれます。


家族やクラスメイト、職場などに


感染が広がるのを防ぐという意味でも、


ワクチンの接種は最重要と言えます。


尚、インフルエンワクチンの免疫の有効期限は


5ヶ月程度です。


今年はまだ接種されていない方はもちろん、


昨年接種した方も


なるべく早めの接種をお勧め致します。



 

肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害

交通事故治療のことなら・・・

交通事故損害救済協会認定院

てつかわはりきゅう整骨院

大阪市城東区中央1-7-8 

06-9630-5757




#てつかわはりきゅう整骨院

#大阪市城東区

#整骨院

#肩こり

#腰痛

#スポーツ障害

#交通事故

#かぜ

#インフルエンザ

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス対策について 大阪市城東区 てつかわはりきゅう整骨院

こんにちは!! JR京橋駅 京阪野江駅 地下鉄蒲生四丁目駅 から徒歩7分 てつかわはりきゅう整骨院です。 当院では、患者様に安心して 施術を受けて頂けるよう、 新型コロナウイルス感染症対策 として、各省庁のガイドラインに 基づいた対応を行っております。 患者様お一人お一人の施術後は、 必ず手洗い、手指のアルコール消毒を 行い、常に清潔を保つよう 心掛けています。 患者様が使用した後のベットは 毎回

〒536-0005 大阪市城東区中央1-7-8リアン中央1F
【TEL】06-6319-0178
地下鉄蒲生四丁目、JR京橋、京阪野江 各駅より徒歩7分
Copyright © 大阪市城東区 てつかわはりきゅう整骨院 All Rights Reserved.Osaka