• 大阪市城東区 てつかわはりきゅう整骨院

食事で体温調節をしましょう!

こんにちは!!

JR京橋駅

京阪野江駅

地下鉄蒲生四丁目駅

から徒歩7分

大阪市城東区 交通事故損害救済協会認定院

てつかわはりきゅう整骨院です。



女性の方を中心に


冷え性でお困りの方も


多いのではないでしょうか?


東洋医学では、


食べ物の分類に 


「カラダを温める」陽性の食べ物 

「カラダを冷やす」陰性の食べ物 


「どちらにも属しない」平性の食べ物 

があります。





体を温める食べ物には冬が旬の食材や


寒い地方で取れるもの、


地下に根が生えているもの、 


硬く水分の少ないもの


など暖色の食べ物に多いです。 

例えば、ごぼう、山芋、かぼちゃ、


さつまいも、鶏肉、鮭などが


これにあたります。


そのため冷え性の人は、


葉菜類よりも陽性の根菜類を


多くとった方が良いと言われています。


では、体を冷やす食べ物はというと、


温かい時期が旬の食材や


温暖な地域で取れる食材、 


やわらかく水分の多いもの、


カリウムを多く含むもの


などが上げられます。 

例えば、小麦、豆腐、トマト、レタス、


バナナ、馬肉、うなぎ、コーヒー


などがあります。 


平性の食べ物には、玄米や牛肉、豚肉、筍、


キャベツ、鯛、たこなどが上げられます。


冷え性なのに


「体を冷やす」


食べ物を多く摂ってしまうと


冷え性を改善させるのは難しいです。

 

ですが、陽性の食材だけですと


栄養のバランスが偏ってしまいます。 


ここで、陰性の食材は加熱調理、


或いは陽性の調味料


(胡椒、唐辛子、しょうが、味噌など)を 

料理に加えてあげる事で体を


冷やす効果を薄めることが出来ます。


陰性のトマトは、いったん湯むきしてから


食べたり、熱を加えたり、煮ることに


よって陽性になります。


キュウリも陰性ですが、


塩を加えることで陽性になります。


このようにして、体を温める料理にして


あげることで栄養もきちんと摂る! 


その上で、陽性の食材を多めに摂って


あげることで冷え性も改善されていくので 


冷え性にお困りの方は今回の内容を


頭の片隅において食事をしてみて下さい。 





肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害

交通事故治療のことなら・・・

交通事故損害救済協会認定院

てつかわはりきゅう整骨院

大阪市城東区中央1-7-8

℡ 06-6930-5757


#てつかわはりきゅう整骨院

#城東区

#肩こり

#寝違え

#腰痛

#ぎっくり腰

#膝痛

#スポーツ障害

#交通事故

#冷え性

#はり

#きゅう

〒536-0005 大阪市城東区中央1-7-8リアン中央1F
【TEL】06-6319-0178
地下鉄蒲生四丁目、JR京橋、京阪野江 各駅より徒歩7分
Copyright © 大阪市城東区 てつかわはりきゅう整骨院 All Rights Reserved.Osaka